2016-2017年度クラブ運営方針

村田貴紀会長
国際ロータリー第2570地区
 本庄南ロータリークラブ
会長 村田 貴紀

テーマ : 
「知り合いを広める
     ことによって
  奉仕の機会
     とすること」


RI(Rotary International)会長 ジョン・ジャーム氏 メッセージ

人類に奉仕するロータリー

第2570地区 ガバナー 前嶋 修身氏 テーマ

知恵と元気を



 本庄南RCに入会させてもらって7 年が経過しました。
 その間学んだ事や思いをこの一年間何か形として表現し、それを残せる様に努力して参りたいと思っております。
 とても役立つ、或いはこの先役立つ貴重な体験も数多くさせて頂きました。
 ロータリーに入会したからこそできた人脈もあります。
 これから先も、もっと色々な展開もある事でしょう。

 この一年間で少しでもみなさんと共に同じような思いができたらと思います。
 良い意味でロータリーを利用し、そして貢献する事で、お金では買えない貴重な財産ができると思います。
 まず行動を起こさなければ始まりません。

 そこで、2015-16年度の当クラブでは、クラブ内外問わず、人と人が、より楽しく繋がるための『親睦活動』を中心に会員同士がさらに親密な知り合いとなれる運営を目指そうと思います。
 すべてを網羅することが出来ませんので、まずは「ロータリーの目的」の第1項「知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること」を実行することに他ならないと思うからです。
 まずは、会員がロータリーライフを楽しむことが大切と考えております。そこから通年目標であります「会員増強」にも必ず繋がると思います。
 一年間会員皆様にご理解を頂けるよう運営させて頂きますので、ご協力を宜しくお願い致します。